定例研究会(2010年1月開催)のご案内

■日時/2010年1月31日(日曜日)午後1時~午後3時

■場所/共済会館4階「桃麗の間」

■テーマ/高知県最初の「無料低額診療事業」

■報告者/岡村啓佐氏(医療生協潮江診療所 事務長)

 失業・貧困が社会問題化するなか,保険証が交付されないため病院に行けない人や医療費負担を避けるため,自ら検査を拒んだり投薬を抑制する生活困窮者など,経済的な理由で実質的に医療から排除される人たちが増え,医療のセーフティネットが重要な課題となっています。

 社会福祉法では,医療機関が都道府県の許可を受ければ,収入が生活保護基準額の1.5倍以下の世帯を対象に医療費を減免することできる制度(「無料低額診療事業」)があり,医療生協潮江診療所が2009年10月から県内で初めてこの制度を導入しました。

 今,潮江診療所ではホームレス調査の活動をする人と連携し,制度利用を働きかけるなど利用者を広げるための活動に取り組んでいます。

 潮江診療所が医療のセーフティネットの一環として制度導入に踏み切る事になった背景や制度の内容は? 制度導入後の状況や課題,そして今後の見通しは?  

 1月定例研究会は,「無料低額診療事業」導入を通して「医療と貧困」の一断面を探ってみたいと思います。
[PR]

# by kochi-jimonken | 2009-12-24 11:24 | 事業予定  

定例研究会(2009年12月)のご案内

2009年12月定例研究会のご案内

■日時
 12月22日(火曜日)午後6時30分より

■場所
 共済会館4階「桃麗」

■テーマ
 医療PFIの検証

■報告者
 村岡 晃氏(県・高知市病院企業団事務局次長)

 11月下旬,県・高知市病院企業団と特定目的会社(SPC)がPFI事業の解約条件に合意し,高知医療センターの運営体制が大きく変わることになりました。
 全国に先駆けて実施されたものの,2005年の開院からわずかの期間で破綻した病院PFI事業を検証します。
[PR]

# by kochi-jimonken | 2009-12-03 20:40 | 事業予定  

定例研究会のご案内

《2009年7月の定例研究会のご案内》

 定例研究会は研究所の会員でなくてもご自由にご参加できます

■テーマ
  高知県産業振興計画を読む~地域際収支の視点から~

■講師
  福田善乙氏(高知短大名誉教授)

■とき
  2009年7月21日(火)午後6時30分~午後9時

■ところ
  高知共済会館4F「桃麗」
  高知市本町5-3-20

■入場料
  無料
[PR]

# by kochi-jimonken | 2009-07-01 11:14 | 事業予定  

大学生が高知市の財政を分析

財政危機を理由に、市長を先頭に、市民への負担をお願いして回っている高知市。

そんな高知市の財政分析に、高知大学の学生が取り組んでいます。

6月13日。高知共済会館で財政分析の中間報告をしてもらいました。

報告では1980年度から2007年度までの推移や類似団体、四国の他市とを比較しながら、高知市の財政の特徴を分析。

他市と比べ財政基盤が弱いうえに借金が非常に多く、今後の対策が必要と指摘。

現在、高知市では、財政難を理由に市民への負担(ごみの有料化や固定資産税率の引き上げなど)が提案され、市長も出席して市民説明会が開かれています。

今回報告をしたゼミ生もその説明会に出席し、地域住民と市職員との関わりの薄さや公共事業の進め方についても感想が語られました。

ゼミ生は引き続き財政分析を行い、最終的には報告書を作成することとしています。



研究所としては報告書ができた時点で報告会を行いたいと考えています。
[PR]

# by kochi-jimonken | 2009-06-29 10:34 | 事業報告  

2009年度総会

高知自治体問題研究所2009年度総会を6月13日、高知共済会館で開催しました。

総会では、高知自治体学校を秋に開催することと、定例研究会の開催、所報の発行、財政運営の健全化など、出来ることをきっちり取り組むことを確認しました。

出席した会員からは、財政資料のデジタル化、高知県産業振興計画の分析などの提案とともに、民間による各種の研修が行われており、研究所としても研修の場を設けてほしいとの要望などが出されました。

2009年度の役員体制では、理事長に高知大学の霜田博史氏、事務局長に高知市役所OBの林照男氏(いずれも新任)を選出しました
[PR]

# by kochi-jimonken | 2009-06-29 10:33 | 事業報告  

地域の再生を考えるシンポジウム

 高知の中山間では、保育所や学校、病院がなくなり、安心してすみ続けることのできない状態が生まれています。
 一次産業の振興や子どもを産み育てることのできる地域づくりをめざし、地域の再生と公共業務の果たすべき役割を考えるシンポジウム「地域の再生を考えるシンポジウム」が開催されます。
 ■とき:2008年3月1日(土)午後1時30分~午後4時30分
 ■ところ:高知市・自由民権記念館
 ■主催:高知県労働組合連合会(高知県労連)
 ■参加費:無料
 ■内容:講演とシンポジウム
[PR]

# by kochi-jimonken | 2008-01-21 12:45 | 事業予定  

第50回自治体学校のご案内

 第50回自治体学校は2008年7月25日~27日、大阪で開催されます。
[PR]

# by kochi-jimonken | 2008-01-21 12:36 | 事業予定  

第33回セミナーのご案内

 第33回自治体政策セミナーは2008年2月8日~10日、滋賀県大津市「ピアザ淡海」で開催されます。
 ■主催:自治体問題研究所
[PR]

# by kochi-jimonken | 2008-01-21 12:34 | 事業予定  

第11回のお知らせ

第11回全国小さくても輝く自治体フォーラムは2008年6月21日・22日に長野県下条村で開催されます。
[PR]

# by kochi-jimonken | 2008-01-21 12:32 | 事業予定  

公開講座のご案内

真の分権時代を担う住民・自治体労働者・地方議員のための「公開講座」
~自治体破壊を跳ね返し 公共サービスを守る政策・運動の視点~
 ■とき:2008年2月17日(日)午後1時30分
 ■ところ:香川大学経済学部キャンパス
 ■主催:自治体問題研究所
 ■参加費:2千円
 ■内容:尾林芳匡弁護士の講演
 地方財政健全化法の施行を前に、さらに厳しい「行革」が始まろうとしています。
 これまでの自治体民営化によって現場ではどのような問題が起き、運動や裁判ではどのような成果を勝ち取ってきたのでしょう。
 その教訓を学び、新たな段階の「行革に」立ち向かう政策・運動の視点を考えましょう。
[PR]

# by kochi-jimonken | 2008-01-21 12:26 | 事業予定