「ほっ」と。キャンペーン

公開講座のご案内

真の分権時代を担う住民・自治体労働者・地方議員のための「公開講座」
~自治体破壊を跳ね返し 公共サービスを守る政策・運動の視点~
 ■とき:2008年2月17日(日)午後1時30分
 ■ところ:香川大学経済学部キャンパス
 ■主催:自治体問題研究所
 ■参加費:2千円
 ■内容:尾林芳匡弁護士の講演
 地方財政健全化法の施行を前に、さらに厳しい「行革」が始まろうとしています。
 これまでの自治体民営化によって現場ではどのような問題が起き、運動や裁判ではどのような成果を勝ち取ってきたのでしょう。
 その教訓を学び、新たな段階の「行革に」立ち向かう政策・運動の視点を考えましょう。
[PR]

by kochi-jimonken | 2008-01-21 12:26 | 事業予定  

<< 第11回のお知らせ 3月の定例研究会 >>